シングルマザーで再婚したいときに!子連れシンママのチャンス作り
  • このままずっと一人なのは不安。
  • でも今の生活を続けても再婚なんてできそうにない
  • ステキな男性と知り合って、次こそ幸せになりたい

 

元夫と離婚をするとき、子供を一人で育てる決意はしたつもりでした。

でも時間が経つにつれ、「もし自分が体を壊したら」「もし今の会社が潰れたら」と考えるようになったんです。

このまま一人で子育てすることで、子供の将来の選択を狭めてしまいそうだったんです。

 

でも”再婚”なんて現実味がないし、今の生活で出会いなんて期待できそうにない。

今回はそんな シングルマザーで再婚したいと考えてる人向けのお話をします。

 

①シンママの再婚は可能か?②どこで相手は見つかるか?③再婚までに乗り越える壁

この3つについてお話ししますね。

シングルマザーが再婚したいと思って実際にできるの?

愛をはぐくむ男性と女性の手

再婚したいとシンママが思っても、実際に婚活をして再婚することは可能でしょうか。

綺麗でモテモテの女性芸能人しか無理だというイメージを持ってるかもしれません。

 

でも結論から言うとシングルマザーだからといって再婚できないわけじゃないんです。

これは統計やアンケートを見ればわかります。

統計やアンケートと一緒に、モテやすいシンママの特徴も合わせて見ていきましょう

日本では離婚率が上昇し、再婚したい男女も増えている

離婚する夫婦が増えている

日本では今、欧州のように離婚率が増加していると言われています。

結婚した3組に1組が離婚するなんて言われる時代ですよね。

 

それに伴ってバツイチの人も珍しくなくなり、悪いイメージを持つ人も減りました。

そういった背景もあり、再婚する人は増えています。

 

厚生労働省の統計でも婚姻数が63万組いた年の再婚者数が17万組。

女性が再婚で夫が初婚の夫婦が45000組、男女ともに再婚者のケースが61000組でした。

 

しかも、こちらの統計には事実婚などの男女は含まれていません。

なので「離婚後に一緒に生活してるカップル」はもう少し多いことがわかりますね。

 

それに離婚した男女全員が、再婚を望んでいるわけでもありません。

再婚したいと思った人の中での割合はもっと多くなるでしょう。

スマホ

私の友人は、一回も結婚してないと逆に怪しいと言ってました

相手がシングルマザーでも再婚したい男性はいる

恋愛でOKサインをだす男性

再婚する女性が多いことはわかりました。

でもそれって子供がいないケースがほとんどなんじゃないかと思いますよね。

そこで次は男性に実施したアンケートの中から、シンママへの本音をみていきましょう。

 

『シングルマザーで子持ちの女性は恋愛対象外ですか?』というアンケートではYESと答えた男性が77%いました。

このアンケートを見る限りだと、確かに子持ちであることは恋愛や再婚に影響していることがわかります。

そこで大事になってくる考えが、最初からシンママでも構わないと思ってる男性と出会うようにするというもの。

 

気になる男性ができても「シングルマザーは無理だ」と言われたら傷つくし時間もモッタイナイですよね。

だから先にシンママへの理解がある男性が多い場所で婚活をする。

その中から、あなたに合った男性を探すという順番にしましょう。

参考⇒シンママ向け!リスクが低くて気軽にできる婚活3ステップ

 

再婚しやすいモテるシンママの条件

シングルマザーがデートする

再婚する人が増えているといっても、希望した女性全員が再婚できるわけじゃありません。

モテやるいシンママには、いくつかの共通点があります。

 

例えば年下男性に好かれやすい女性であること。

男性はみな若い女性が好きなわけじゃありません。

年上の女性が好きな男性も多いです。

 

なぜ年上女性を求めるかと言えば、精神的に自立してるからという理由が多いですね。

シンママは一度、男性と結婚し共同生活を送っています。

だから未婚女子みたいに『私と仕事どっちが大事なの』とか、無駄に男性を疲れさせることがないんですよね。

 

精神的に自立していて、大人の女性ならではの気配りにドキッとする年下男性も多い。

『仕事で疲れたあとに、愚痴を聞いてくれて甘えられそう』なんて声もありました。

 

またシンママは年上男性にもモテやすいです。

男性は年を重ねるごとに、結婚相手へ離婚歴や子持ちにこだわらなくなります。

 

その分、あなた本来の魅力も伝わりやすいので、恋愛や再婚まで発展しやすいです。

(相手が仕事をバリバリして年収が安定してるのも再婚に踏み切りやすい理由の一つ)

楽しみ

婚活するときはあなたの年齢プラスマイナス5歳くらいの年齢層と出会うと良いよ

子持ちのシングルマザーはどうやって再婚する相手を見つければいい?

成婚したカップル

  • シンママでも再婚できる可能性はある
  • ただ男性全員がシンママを受け入れているわけではない
  • 年上女性に甘えたい男性や、包容力がある年上男性と出会う

 

こうしてみるとシングルマザーが再婚したいと思ったら、「どこで相手を見つけるか」がポイントになりそう。

『離婚歴ある女性はムリ。子持ち女性はムリ』と言う男性の考えを変えるのは大変です。

今のあなた状況を受け入れてくれるステキな男性を、どうやって見つければいいのでしょうか?

信頼できる人に探してもらう!結婚相談所や友人の紹介

信頼できる女性の友人に相談

もしかすると、あなたの交友関係の中にはステキな男性はいないかもしれません。

そういった時は、外で誰か良い人がいないか探す必要がでてきますよね。

 

1つ目の候補となる婚活は、あなたに合いそうな人を誰かに探してもらうという方法

友人や同僚の知り合いで、あなたと合いそうな男性がいないか聞いてみる。

もし周りに言いたくないなら、結婚相談所などの相談員に探してもらうという方法です。

 

この婚活方法のメリットは、相手の男性を信頼しやすいコト。

『親友が紹介してくれたら悪い人じゃない』と相手の男性を疑わなくてすみます。

 

また代わりに探してもらうことで、必要以上に傷つくこともなくなります。

婚活パーティーとかだとシンママなんですと伝えたとたん、対応を冷たくされることもありました。

 

仕方がないんだけど、こういうのって心が折れそうになるんですよね。

誰かに代わりに探してもらえば、そういった男性の冷たい態度に嫌な思いをすることもなくなります。

あなたと似た境遇の人と会う!再婚同士の婚活パーティー

婚活パーティーに参加する

バツイチ子持ちを受け入れてくれる男性が多い場所が、限定された婚活の場です。

例えば離婚歴がある男女限定の婚活パーティーとか、シンママシンパパで子供と一緒に遊ぶイベントとか。

 

似た境遇ならお互いを受け入れやすいし、同じ悩みを抱えていることで共感しあえることも増えますよね。

個人的には肩の力を抜いて話せるのがスゴイ楽でした。

『なるべく良い女に見られよう』っていう気負いみたいなのがないくて楽しかったです。

参考⇒シングルマザーが婚活パーティーに参加するメリットと注意点

 

最初に試したいのが婚活サイトや婚活アプリ!時間とお金のリスクが少ない

マッチングアプリを利用する女性

  1. 友人や相談員に代わりに探してもらう
  2. 同じ境遇の人が集まる婚活の場にいく

この2つを提案しましたが、デメリットもあります。

 

友人のツテには限界があるし、結婚相談所は入会費や月会費でお金がかかります。

同じ境遇の人が集まる婚活の場は、頻繁に開催されるわけでもなく都心に片寄っているのでスケジュールを合わせづらい。

 

そこでお金と時間の負担がほぼなく、シンママへの理解ある男性を見つけるのに使えるのが婚活アプリです。

空いた時間にパッと使えるので子供を預けて婚活にいく必要もないし、周りにバレる心配もありません。

それに女性が無料で使える婚活アプリを選べば、出費もかかりません。

 

例えば婚活アプリのマリッシュとかは、シンママの利用率が高いアプリとして有名です。

シンママの利用率が高いので、マリッシュに入会している男性もシングルマザーに理解がある人が多いんですよね。

 

それにもし嫌になったら、すぐ退会できるのも婚活アプリのメリット。

もしシンママとして初めて婚活に取り組むなら、お金と時間のリスクが少ない婚活アプリから試すと良いですよ。

公式サイト⇒シンママを優遇してくれる恋活アプリ「マリッシュ」を見てみる

 

シングルマザーが再婚を遠ざけてしまうNG言動

愛にヒビが入る言動

せっかく良い男性と巡りあえても、そのまますぐ結婚というわけには行きません。

そこで最後は、シンママが再婚にブレーキをかけてしまう考え方や彼や子供への言動をお話しします。

今の彼氏と元旦那を比較しない

喧嘩するカップル

付き合い始めのころは、『前の旦那と違って優しい』とか『喧嘩してもすぐ仲直り』とか比較して良い面が見えるもの。

でも時間が経つにつれ恋の熱が冷めてくると、元夫と比較して悪いところも見えてきてしまうんです

 

『料理の好みが違う』とか『倹約というかケチかも?』とか。

心の中で思ってるだけならまだいいけど、彼に言ってしまうと最悪ですね。

 

『前の夫は薄味が好きだった』とか『前は家族で月1は必ず外出してた』とか。

もし逆の立場だったら、あなたもいい気分はしませんよね。

比較しても、前より幸せな結婚生活ができるわけでもありません。

よし

『以前は』ではなく『私は』と、あなた自身の考えとして伝えると良いよ

彼氏に理想の父親像を押し付けない

理想の男性像

男性からすると、シングルマザーと再婚するということは、いきなりその日から父親になるということ

これって大変なことだと思います。

(責任感が強い真面目な男性ならなおさら)

 

なので父親としての振る舞いを最初から求めないようにしてあげたいです。

最初は子供と一緒に遊んだり、外食するくらいから始めましょう。

 

いきなり子供の父親になるんだから、わからないこと・できないことがあって当然。

完璧な父親像を求めるよりも、少しずつ父親に近づくように手助けして上げるといいですね

注意

付き合いが浅い段階ですぐ子供に会わせると、彼もお子さんも困惑しちゃうので注意

子供を無理に懐かせようとしない

今にも泣き出しそうな子供

早く再婚したいからと、子供を無理に彼に懐かせようとするのも注意したいところ。

もちろん最終的には、あなたとお子さんと彼がステキな家族になるのが目標です。

 

ただ再婚時期に焦って、二人の距離感を縮めようとすると、お子さんへの負担は大きい。

お子さんが1,2歳なら問題ないですが、小学生~中学生の思春期ならデリケートな問題になってきます。

 

実際は子供が大きくなって一人暮らしを始めるまで事実婚をするカップルもいますね。

お子さんと彼氏さんの距離感は本当にケースバイケースです。

お互いのペースがあるので、無理に仲良くさせようとすると、逆にこじれちゃうリスクがありますよ。

参考⇒シングルマザーの恋愛と子供の気持ち!子供の年齢で対応は変える

 

シングルマザーで再婚したいときは場所がポイント

シングルマザーの再出発

今回はシングルマザーで再婚したいときの心構えについてお話ししました。

統計やアンケートを見ると、シングルマザーでも再婚できるチャンスがあることがわかります。

 

ただバツイチ子持ちを拒否する男性がいるのも事実。

だからもし再婚相手を探すなら、最初からシンママに理解がある男性から選びましょう。

 

交際後はマイペース(自分のペース)ではなくユアペース(彼のペース,子供のペース)を意識。

再婚そのものを目的とすると焦っちゃうので、3人で幸せに過ごすことを目標として、少しずつ仲を取り持ってあげるといいですよ。

次はこちら⇒シングルマザー向け無料の婚活!お金をかけない3つの婚活方法