シングルマザーは恋愛を諦めるべき?しんどいと感じる瞬間とココロの向き合い方

もう二度と恋愛なんてできないんだろうな。

離婚をしてから自己肯定感というか自分への自信がすっかりなくなってしまいました。

とくに『男を見る目』というか『相手の接し方』・『関係の作り方』とか間違ってるのかなって。

そう考えていたのも原因だと思うのですが、その後の恋愛も上手くいかないと感じることは増えていきました。

 

今回はそんな『シングルマザーが恋愛でしんどいとき』について。

どんなときに恋愛がうまくいかないと感じたか、それからどうやって考え方を変えたかをお話しします。

シングルマザーは恋愛を諦めるべき?しんどいと感じる瞬間

婚活が上手くいかない

どんなときに恋愛がしんどいと感じたか。

私個人の経験やシンママ友の話も踏まえてお話ししたいと思います。

① 男を見る目がないという決めつけ

ダメ男の彼氏と別れる女性

先ほどもお話ししましたが『この人と一生を共にするんだ』と決意した元旦那と別れたことで『私には男を見る目がないんだ』という固定観念みたいなのが生まれました。

その後は育児と仕事と家事に忙しい毎日。

そんなときに少し『この男性って良いなぁ』と頭をよぎることがあっても『でも私が”良い”って思う男って…』とブレーキがかかってしまいます。

 

好きな気持ちが生まれる前に冷めるというかブレーキがかかるんですよね。

バツイチ子持ちだからと勝手に諦めたり、そっけない態度をとって突き放したり。

 

たぶん周囲の目や親の意見も怖かったんだと思います。

『子供を第一に考えなさい』って誰かから言われるみたいで。

恋愛が上手くいかない最初の瞬間は、このように『いいなぁ』と思える人がいてもブレーキがかかり関係が発展しないことにありました。

② 会う時間が短いので関係が深くなりにくい

時間をかける

子供が大きくなり手が離れたあとに出会った彼がいました。

ただ育児の時間が少し減ったからといって、未婚時代のように気軽に会いに行けるわけではありません。

 

朝からお弁当を作り、昼は仕事をして、帰ってきたら掃除と洗濯と夕食の準備。

お風呂に入った後も持ち帰った仕事をしてたりすると、もう寝る時間が近づいてきます。

 

こんな毎日を繰り返していると、なかなか恋人と会う時間は作れません。

付き合おうとお互いに言ったからって関係が強く深くなることはありませんよね。

 

会えないことで彼への罪悪感みたいなものも生まれて、申し訳なくなり別れてしまいました。

付き合ったとしてもお互いにコミュニケーションをとる工夫がないと関係って続けにくいです。

③ 将来を考える時期に生まれる彼への申し訳なさ

結婚するシングルマザー

恋人との関係が続くと、関係性が変わるキッカケも出てきます。

例えば彼が転勤になって遠距離になるとか。

子供の受験でお金がかかるようになってプライベートにつかうお金がないとか。

 

このような変化に弱いのもシンママの恋愛。

最優先は子供との未来なので、彼氏とのことは後回しになります。

 

ハッキリ後回しにしてるつもりはないですが、それでも後で振り返ってみると優先順位は低かったかなと。

他にもっと良い女性がいるんじゃないかななんて思い出すと勝手に自己嫌悪になってストレスも増えますしね。

【シングルマザーで恋愛がうまくいかない時期】
  • 気になる人がいてもアプローチできない
  • 付き合ったとしても会える時間がない
  • 転勤や進学などの変化に弱い

シングルマザーだからと恋愛を諦める必要はない!しんどいときの乗り越え方

子供の手を握る

シングルマザーにとって未婚時代と比べて恋愛を始めたり続けるのが難しいのは確かです。

でもだからといって恋愛が禁止なわけではありません。

 

仕事や育児をして母親としての役割をこなしながら、新しい好きな人との将来を考えることはできます。

ではどうすればシンママ流の恋愛というか、今の生活を崩さずに恋愛ができるのでしょうか。

① “自分の理想”ではなく、他の人の意見を聞いてみる

信頼できる人に相談

男を見る目に自信がないなら他の人の意見も聞いてみよう!

そう思って同じシンママの友達に、どんな男性が合いそうか聞いてみたんです。

 

すると『えっ本当に』というような意見もありました。

当てはまるかどうかは置いておいて、他人から見ると私ってそんな風に映っているのかって新しい発見。

 

もし周りに聞いてみる友達がいないならAIに判定してもらうという方法もあります。

例えばオーネットには結婚チャンステストという自分に合った結婚相手の男性像を教えてくれるサービスがあります。

 

チャンステスト自体は今でも無料なので、お試しとしてやってみてはいかがでしょうか。

あなた自身が『こんな人が良い』と思ってる男性像とどこが違うのかわかりますよ。

参考⇒理想の男性像が診断できるオーネットの結婚チャンステストはこちら

 

② 会う時間が作れないならコミュニケーションの頻度を増やす

LINEで恋人とやりとり

シングルマザーにとって彼氏と会える時間には限りがあります。

仕事を休むわけにもいかないし、夜に子供を一人にするわけにはいきませんよね。

 

ただお互いに平日に休みをとって、子供が学校にいってる時間にデートする。

子供が習い事を始めたらディナーをするといったくらいの工夫はできます。

 

それに加えて私が心掛けたのは会う時間というよりコミュニケーションの多さでした。

会う以外でもコミュニケーションは取れますよね。

 

例えば恋人専用のアプリでお互いに撮った写真を共有したり。

あとはLineのビデオ通話でお互いの顔を見ながら話すことはできます。

直接会うのが一番なのはわかりますが、不満や寂しさを感じて孤独感に襲われるくらいなら『手軽なコミュニケーション』の頻度を増やした方が良いですね。

 

それに交際が続いて再婚を意識するようになれば親にも話して協力してもらっていました。

彼との関係が本気なら親も応援というか力になってくれます。

夏休みに子供が親戚の子と一緒に祖父母の実家に泊まりに行き、そのときに1泊の旅行をしたりしてました。

参考⇒シングルマザーで彼氏と会う時間が作れないときの工夫

 

③ 恋愛の関係性は子供の意見にも耳を傾けた

子供の手を取るシングルマザー

恋愛が長く続くようになるとお互いに将来のことも考えだします。

このときは2人だけじゃなくてお子さんの気持ちも汲んであげてください。

 

例えば再婚には賛成でも苗字が変わることを嫌がるかもしれない。

再婚はしてほしいけど相手の男性とは合わない気がする

もうすぐ家を出るのでその時まで待ってほしい

 

このように年齢や状況によってお子さんの考えも変わってきます。

形式的な再婚にこだわると、お子さんの気持ちをくめないことも出てくるんですね。

 

なので将来的に結婚するという約束はして、苗字を変えるのは子供が進学するまで待つとか。

交際は続けて子供が自立するタイミングで再婚するといった選択も検討します。

 

子供との関係性を悪くしてまで彼を優先するのは違うので。

お子さんを含めた家族の幸せを考えてタイミングをみた方が良いですね。

参考⇒シングルマザーで彼氏が子供を嫌いなときの未来の選択肢

 

シングルマザーでも恋愛を始められるし続けていける

新しい家族

今回はシングルマザーの恋愛がうまくいかない瞬間と問題への向き合い方についておはなししました。

確かに未婚で独身のときと比べると恋愛を始めるのも続けるのも籍を入れるのも難しくなります。

 

でもだからといって『恋愛するな』とか『子供のことだけ考えろ』というわけではありません。

お子さんの未来と幸せを守りつつ、あなたも一緒に幸せになることはできます。

 

家族みんなが幸せに向かって歩む方法はないか。

できるできないという考えより、どうしたらできるかを考えると前向きになってきます。

参考⇒シングルマザー向けマッチングアプリの選び方

参考⇒シンママ流のリスクが低くて始めやすい婚活3ステップ