シングルマザーは年下の男性と恋愛できる?年下彼氏との再婚の可能性
  • 年下の男性と出会いたい
  • できれば結婚まで視野にいれてる
  • シンママにも年下男性はチャンスある?

 

再婚に前向きになってくると、どんな男性が良いか妄想するようになりますよね。

年収や結婚歴と同じくらい大事なのが年齢

 

年上だと相手の健康面とか、親の介護とかが心配になります。

だから年下男性と再婚したいというのも本音の一つ。

 

今回は シングルマザーは年下男性と恋に落ち再婚するチャンスを考えていきましょう。

①年下男性と恋に落ちる可能性はあるか、②どこで出会いやすいか、③恋愛中の注意点

この3つについてお話ししますね。

① シングルマザーは年下男性と恋愛はできる?

アンケート

まずそもそもシンママが年下男性と恋愛や結婚の可能性が、どれくらいあるかを見ていきます。

アンケートや統計をもとに、1つ1つ確認していきますね。

女性が年下彼氏と恋に落ちて結婚する確率

まずは年下彼氏を作る女性の割合について。

マイナビウーマンが行ったアンケート調査が以下のようになりました。

Q.「年上の女性」どこまでなら恋愛対象になりますか?

  • 3歳上まで:25.7%
  • 5歳上まで:26.7%
  • 7歳上まで:12.9%
  • 10歳上まで:5.0%
  • それ以上:7.9%
  • 見た目が若ければ実年齢は関係ない:7.9%
  • そもそも年上は嫌だ:13.9%

引用元 https://woman.mynavi.jp/article/150525-12/

恋愛対象としてなら、約88%の男性が年上女性でも構わないと回答しています。

次は結婚観について。

年上女性との結婚がアリかナシかをフェイスシーンという会社が行ったアンケートで見てみましょう。

「年上の女性(年下の男性)は結婚対象になりますか」と質問したところ、全体の49.1%が「はい」と回答。

20代男性では66%、30代男性では39%、40代男性では22%

引用元 https://news.infoseek.co.jp/article/prtimes_000000002_000014074/

このアンケートを見ると、男性は年上女性との結婚にも前向きだということがわかります。

とくに若い男性は年上でも関係ないと答える傾向にありますね。

恋愛で悩む男子

最近は草食系という言葉があり、恋愛が面倒くさいという男性が多いです。

でも面倒くさいということは、女性に興味がないわけでも恋愛に興味がないということではありません。

 

恋愛をする上で女性のワガママや男らしさを求められることが面倒くさいんです。

そんな面倒くささは、ほとんどが同年代や年下女性と付き合うことで起きます。

 

その点、年上女性だと自分のことを受け入れてくれるというイメージを男性側は持っています。

素直になれる、背伸びしなくていい、気負わなくていい

そんな安心感を与えてくれる年上女性に魅力を感じる男性も多いです。

とにかく年下男性との恋愛や再婚のチャンスがあることはわかりました。

シングルマザーも恋愛対象の男性の割合

OKサインを出す男性

では次にシングルマザーが恋愛対象になるかを見ていきましょう。

マイナビウーマンが行ったアンケートがこちらになります。

好きになったら関係ないと答える男性が40%ほど。

これらを見ると、シングルマザーは初婚女性と同じだけチャンスの数があるわけではないことがわかります。

 

子持ちや離婚歴がある女性を受け入れられない男性がいるのも事実。

だからどこで出会うかが大事ということ。

 

初婚女性と出会いたい男性にアプローチしても効果は薄いですよね。

できれば最初から年上女性を求め、子連れでも理解がある男性と出会いたいです。

シングルマザーで年下彼氏と恋愛したいときの出会いの場

手を重ねるカップル

先ほどのアンケートや統計を見ると、シンママにも恋愛のチャンスはある。

ただ年上女性やシンママを恋愛対象外にしている男性も一定数いることがわかりました。

 

そこで大切になってくるのが、どこで出会いの場を作るかです。

恋愛に興味がない男性といくら会っても意味ないですよね?

年下女性を求めている男性や、初婚の女性のみ恋愛対象にしている男性と会っても意味はない。

 

  • どんな出会いの場を避ければいいのか。
  • どんな出会いの場へ行けばいいのか。

シンママ向きの恋活の場所を探しましょう。

合コンなどは”当たり”の確率が低い

合コン

まずはどんな場所は避けた方がいいのか。

もちろんですが、初婚で若い女性を求めている男性が多い場所は不利です。

 

例えば合コンとか街コンですね。

若い男女の出会いの場はけっこう勝率が低くなります。

 

それに足元を見られるというか。

体目的の男が寄ってきたり、シンママって言えずにズルズル関係が続くなんてこともありえます。

 

なのでまずは、出会いの場にいる男女の年齢層をチェック。

年齢層が20代前半が多いと、最初からそういった恋活の場は避けましょう。

友人や同僚やプロなど、誰かに男性を探してもらう

仲のいい同僚に相談する女性

一番良いのは交友関係を辿るという方法です。

あなたのことを良くわかっている友人や同僚に頼んで、誰かを紹介してもらうという方法。

 

これなら最初に出会う段階で、男性側もすでにシングルマザーだということも知っています。

わざわざ打ち明けることもしないで済みますよね。

それに何より信頼できる人からの紹介なので男性を信用しやすいのがメリット。

 

年上女性が好きな男性が知り合いにいないか。

子供が好きで誠実な男性がいないかを周りに聞いてみてはいかがでしょうか。

 

もし周りに紹介してくれそうな人がいないときは、プロに頼むという方法もあります。

プロというのが結婚相談所ですね。

出会いを求める男性と女性の仲介役になって、お互いの条件に合う人を探してくれます。

 

デメリットは街にある結婚相談所だと料金が高いこと。

入会費や月会費がかかるので、金銭面で余裕がある人向けの出会い方になります。

年上女性を探している男性が多い場所で恋活をする

婚活パーティーに出かける

誰かに探してもらう恋活とは別に、自分から参加する恋活もあります。

例えば恋活アプリを使って、年上女性が好みの男性に見つけてもらうという方法。

 

ただ見境なく”いいね”を押して誰でもいいから釣ってやろうとする軽薄男には注意

会話が進んでないのにすぐLineを聞く男は基本コレです。即ブロックしましょう。

 

そういったハズレ男性を避けるなら、恋活アプリで自分から男性を見つけるという方法もあります。

プロフィール欄を見て同じ趣味があったり、好みのタイプの男性に”いいね”をして反応が来るまで待つという手法。

 

そうすると相手が年上女性が好きか、シングルマザーでも良いと思ってるかがポイントになります。

そこでオススメの恋活アプリが『マリッシュ』というアプリ。

 

マリッシュはシングルマザーの利用率が高い恋活アプリになっています。

だからマリッシュに登録する男性は『シングルマザーに理解のある男性が多い』という証拠。

このように恋活をするときは、シンママに有利な場所で取り組みましょう。

公式サイト⇒シンママを優遇してくれる恋活アプリ「マリッシュ」を見てみる

 

シングルマザーが年下彼氏と再婚するまでのハードル

手を繋いで歩く

最後は無事に年下彼をゲットしたあとのハナシについて。

再婚を目標とすると、注意したいハードルが3つあります。

この3つを意識すると再婚も現実味が帯びてきますよ。

シンママだからと年下彼氏に申し訳なさは不要

悩むシングルマザー

付き合っていると、こちらの都合に合わせることが多くなります。

子供が熱を出したからデートをキャンセルとか、忙しいから今週は会えないとか。

 

これが続くと『他の女性なら、こんな目に会わせないはず』とか思っちゃうんですね。

申し訳なさというか、罪悪感というか、対等な関係を作るのが難しくなります。

 

こういった申し訳なさは最初から伝えておくと多少は楽になります。

『子供優先に時間をとるのは、わかっておいてほしい』とハッキリ伝えましょう。

年下彼氏の姐さん女房にはなるが母親にはならない

すれ違う男女

あと年下彼の母親みたいになるケースも多いです。

私の後輩で世話好き女子がいるのですが、いつも男性をダメ男にしてしまうんだとか。

 

最初は料理を作ってあげたりするだけだった。

でも気づくと、家に転がり込んで仕事も休みがちになり『ご飯まだ?』とか言ってくるらしいです。

 

もともと年上女性が好きという男性は甘えたい願望があります。

その甘えたい願望に応えるのはいいけど、それが行き過ぎるとダメンズになってしまう。

 

年上女性×年下彼氏のカップルは特に注意しましょう。

頼りになる姉貴肌の彼女と、彼の母親代行との境界線を引いておいた方がいいです。

『当たり前』に家事をやるようになったら要警戒のサイン

シンママは年下彼氏の両親には細心の注意を払う

両親への挨拶

最後は相手の両親について。

実際に結婚などの話しがでたときに、彼が初婚だと相手の両親が渋ることがあります。

(バツイチ同士どかだと大丈夫なことが多い)

 

時間が経てば了解してもらえますが、やっぱり第一印象は良いにこしたことはないですよね。

そこでなるべく普段から、ご両親に”よいしょ”しておくことも考えておきます。

 

例えば相手の親の誕生日に、彼に『プレゼントは渡した?』と確認してみましょう。

たいていは父の日も母の日も誕生日も何もしてない男性が多いです。

だからこそ、あなたが促して息子からのプレゼントをご両親に渡す。

 

『彼女が言ってくれて思い出した』とか『彼女が選んでくれた』というとあなたの評価も上がります。

このように実際に面と向かって会う前からでも、印象をよくすることは可能ですよ。

シングルマザーでも年下男性と恋愛や再婚のチャンスはある

出会いのチャンスをつかむ

今回はシンママは年下男性と恋に落ちて結婚するチャンスはあるかをお話ししました。

結論からいうと可能性としては全然あります。

ただ注意したいのが恋愛対象外の男性と会っても望みが薄いこと。

 

誰かに紹介してもらったり、シンママの利用率が多い恋活パーティーや恋活アプリを使いましょう。

これで出会いの効率がグッと高まります。

 

可能性はあるけど、どこにでも出会いが落ちてるわけじゃありません。

バツイチ子持ちという立場を理解してくれる器の大きい男性がどこにいるか?

それを意識して出会いの場へ参加してみてはいかがでしょうか。

次はこちら⇒シングルマザーでお金と時間をかけない無料の婚活方法

次はこちら⇒シングルマザー向けマッチングアプリの選び方