子連れ再婚の離婚率は高め?連れ子再婚が離婚する確率と意外な原因

いい人がいたら再婚してもいいかな

そう前向きに将来を考えても、実際に心にブレーキをかけるのが『また離婚したらどうしよう』という不安

 

イメージだと初婚より子連れ再婚の方が離婚率が高い感じがします。

芸能界を見ても『また結婚した!また離婚した!』って人も多いですし。

 

そこで今回は 『子連れ再婚は離婚しやすいか』について。

子連れ再婚の離婚率が他の夫婦と比べて高いのか、子連れ再婚した後に離婚に繋がりやすい原因をお話しします。

メガネ

まずはデータや統計から、日本の離婚率と再婚率を見ていこう

子連れ再婚の離婚率は?子持ちシングルマザーが離婚する確率

統計を参考にする

日本全国のシングルマザーに再婚率と、その後の離婚率を調べた統計。

…なんてものがあればいいのですが、そんな統計はどこも行っていません。

 

ただいろんな統計やアンケートを見ると、だいたいの再婚率や離婚率はわかります。

見るポイントは①日本の離婚率・②日本の再婚率・③再婚者の離婚率です。

①日本全体で離婚率が上昇!バツイチ子持ちも増加

離婚を決意する夫婦

厚生労働省が行った2018年度の調査では婚姻件数は約59万組となっています。

逆に離婚件数はというと20万組。

要は3組に1組以上の割合で離婚しているという計算になりますね。

引用元:厚生労働省による2018年の人口動態統計

② バツイチ子持ちの再婚者も増えている

再婚する男女

離婚率が高まっていると同時に、再婚率も高まっています。

離婚が珍しいことでなくなったので、結婚相手を考えるときに『バツイチでも構わない』と思う人が増えたんですね。

 

2016年(平成28年)のデータによると婚姻数が約63万組。

その中で再婚者は17万組もいました。

ちなみに妻が再婚で夫が初婚の夫婦が45000組、夫婦とも再婚者のケースが61000組となっています。

引用元:厚生労働省 婚姻に関する統計(平成28年度)

 

なので離婚したからといって、『もう二度と結婚できない』というわけではありません。

もちろん男性の中には『初婚の女じゃないと嫌』という人はいます。

 

それに子供がいないバツイチ女性よりシングルマザーの方が再婚へのハードルは高いでしょう。

でも『シンママだから結婚できない』ということはありません。

 

とくにいまはバツイチ同士の婚活パーティーやシングルマザーを優遇する婚活アプリもあります。

限られた時間の中でも、シンママという立場に理解がある男性と出会えるキッカケは増えていますよ。

参考⇒シングルマザー向け婚活アプリの選び方

 

③ バツイチ子持ちの再婚者の離婚率は初婚よりも高い

離婚届

再婚率は上昇していますが、残念ながら再婚者の離婚率は高いと言われています。

しかもその離婚率は『初婚よりも再婚・再婚よりも再々婚』と、離婚を経験するごとに離婚率が高いという調査結果があります。

 

一度離婚を経験してしまうと、離婚へのハードルが低くなってしまうんですよね。

だから仲が悪くなったりケンカをすると、すぐに『離婚』がちらつくので、結果的に離婚率が高まってしまいます。

 

ただシンママでも再婚して幸せな人もいます。

(私も今のところは幸せだと思います。少なくとも再婚したことに後悔はしていません)

 

ではどういった状況で再婚したシンママが離婚率が高くなりがちなのか。

考えられる原因をお話ししていきます。

シングルマザーの子連れ再婚の離婚率を高める原因

ダメ男に悩む女性

日本では離婚した人の再婚率は増えている。

ただ初婚と比べると、バツイチの方が離婚率が高いという話でした。

 

ではシングルマザーで再婚するときに、どういったことに気を付ければいいのでしょうか。

どういうケースで再婚すると離婚の危険が高まるかを見ていきます。

① 焦って再婚したりデキ婚だったとき

子供の前で夫婦喧嘩

一つ目は再婚のタイミングがとれなかったケース

再婚はシンママ・お子さん・男性に心の準備が必要ですが、そういった準備期間がなく再婚した場合です。

 

例えばシングルマザーでお金がなく、経済的な不安があったとき。

早く結婚してお金の心配から解放されたいという焦りから再婚に踏み切ったケースです。

 

あとはできちゃった婚もそうですね。

『いつか再婚も視野に…』と考えていたのに、”子供ができたから結婚”となると展開が急すぎて大変。

 

このように再婚のタイミングをとれなかったときは、再婚後に関係が悪化しがち。

交際中はわからなかった相手のイヤな面が見えたり、生活サイクルや金銭感覚のズレにイライラすることが増えます。

 

だから再婚前からなるべく、将来への考え方や子供への教育方法を話し合うこと。

そして彼と子供の関係がうまくいくかも確かめる期間を作った方が、再婚後に後悔することもないですよ。

参考⇒シングルマザーが再婚するきっかけで多いタイミング

 

② 相手の親を強引に説得した

相手の両親にご挨拶

最後は”できれば”ですが、相手の親に快く了承を得た方が、再婚後の夫婦喧嘩は減ります。

男性が初婚だと、快く思ってくれない可能性もあります。

(私もハッキリと口には出されませんでしたが、最初は義母が嫌がっていたと思います)

 

結婚はあなたと彼の二人の問題なので、無理に話を進めると義両親は了承するしかありません。

でもモヤモヤは心の中にあるままなので、再婚後の親戚付き合いとかもシンドくなります。

  • 私とお義母さんとどっちにつくの?
  • あなたの実家には一人で帰って!

 

こんなケンカが増えるのも嫌ですよね。

だから時間がかかっても、できるだけ相手の親に納得してもらってから再婚した方が良いです。

義両親の納得度で再婚後の生活の充実度が変わってきます。意外と。

バツイチ子持ちで離婚率が気になるなら細かくステップを分けよう

家族で足並みをそろえる

今回はシングルマザーの離婚率についてお話しをしました。

日本では離婚率が増えてしますが、一方で再婚率も増えています。

シングルマザーでも再婚できる機会はあるということ。

 

ただ初婚よりも再婚者の方が、結婚後の離婚率が高いというデータがあります。

なので再婚するときは、焦らずにゆっくり時間をかけること。

 

半同棲など再婚へのステップを踏んで、結婚生活が継続できるという自信をつけてからでも遅くありません。

焦って再婚に踏み切って、あとから後悔しても遅いですしね。

次はこちら⇒シングルマザーの婚活は厳しい?理由と対策を考える

次はこちら⇒無料でできるシンママ向け婚活方法3選