シングルマザーだと恋愛って難しい!バツイチ子持ちのシンママ特有の恋の難しさと心構え

やっぱりシングルマザーは恋愛って難しいのかなぁ

バツイチ子持ちになってから子育てと仕事をこなす毎日。

少しずつシングルマザーの生活スタイルにも慣れてきた。

 

すると『良い人がいればなぁ』と恋愛にも前向きになってきました。

ただシングルマザーという立場では、今までのように恋愛を始めるのが難しい面があったんです。

 

今回は 『シングルマザーの恋愛が難しいなと感じた瞬間』についてお話しします。

シンママで恋愛が難しいと感じる場面は大きく分けて3つ。

 

①自分の気持ちや心の準備、②男性との出会い、③恋愛関係の維持

この3つを中心に『恋愛が難しい』と感じた瞬間をお話ししますね。

シングルマザーの恋愛が難しい瞬間① バツイチ子持ちによる恋の抵抗感

頭を抱えるシングルマザー

恋がしたいと思ったと同時に、もう一人の自分が恋愛したい気持ちにブレーキをかけてくる。

そんな不思議な感覚になることがよくありました。

自分の心を観察してみると、そのブレーキの原因は次の”2つの思い”から生まれていたんです。

(ⅰ) 過去の失敗で恋愛に臆病になる自分がいた

悩むシングルマザー

『この人となら上手くいくはず』

そう思った元夫と離婚したことで、自分に自信がなくなっていたんです。

 

私は恋愛不適合者だ。私は結婚不適合者だ。

そんなネガティブな考えが頭を駆け巡っていました。

 

人と人は相性がある。離婚にはお互いに原因がある。

そう言い聞かせても、『恋をしたい』という気持ちにブレーキをかけるのが過去に失敗して傷ついた自分。

 

もう一人の自分がブレーキをかけるのは『もう傷つきたくないから』

こんなときにムリヤリ恋愛に積極的になろうとすると、さらにブレーキがかかります。

 

だからいきなり出会いの場に行くことよりも、少しだけコミュニケーションをとるような恋活から始めました。

恋活アプリでメッセージのやりとりをするだけとか。

(ⅱ) 世間からの視線が気になる!恋愛は禁止される気がした

周りからの陰口におびえる

もう一つ恋愛へのブレーキがかかった原因は世間体です。

もともと周りの目を気にしがちなタイプだったので、離婚後はさらに世間の目に敏感になっていました。

 

『シンママで彼氏がいるってバレたらどう思われるんだろう』。

こんな想像をするだけで、好きな人すらいないのに世間の目におびえていました。

 

口では『恋したっていいんゃない』と言われても、本音では禁止されてる気がする。

自分の気持ちと世間の目が対立してるように感じて、恋愛する前から葛藤していました。

 

実際にそういうことに目くじらをたてる人もいるでしょう。

ただ本心ではそこまで人間は周りの人に興味はありません。

文句を言った10秒後には自分の髪型が気になってスマホで前髪をチェックしてるくらい自分のことしか考えてない。

 

それにもし周囲の目が気になるなら、言わなければ良いと思います。

そういう意味でも私は恋活アプリで自分の生活外での出会いを探していました。

参考⇒シングルマザー向けマッチングアプリの選び方

 

シングルマザーの恋愛が難しい瞬間② 素敵な男性が周りにいない

手を繋ぐカップル

恋愛したいと思っても、それは良いと思える男性がいたらの話ですよね。

誰でもいいわけじゃない。

変な男だったら、こちらが振り回されて子供にも悪い影響が出るかもしれませんし。

 

ただそのように慎重になっていると、ますます出会いの幅が狭くなるような感覚がしました。

『シングルマザーでもいいって思う男性っている?』って不安になったんです。

若い男性はシングルマザーより若い女が良い?

年上の女性を恋愛対象外にする男性

日本に住む男性が全員シングルマザーでも構わないとは思っていません。

とくに結婚なんて現実味がない20代前半の男は、女性に離婚歴があると身構えてしまいます。

 

なので出会いの定番である合コンとか街コンなど、若い世代が利用する出会いの場は期待が薄いです。

育児や仕事をこなしつつ、空いた時間でお金を使って参加するほどのものではないかなと。

恋のきっかけは信頼性を優先する

会社の同僚と話す女性社員

シングルマザーの恋愛の始まりは信頼性が大切だと思っています。

『この人ならきっと大丈夫』と思えるかどうか。

 

理想は親友とか信頼してる同僚からの紹介ですね。

普段から仲が良い人からの紹介だと、男女ともに気構えることなくコミュニケーションがとれます。

 

ただ変な男性だったとしても紹介してくれた相手に申し訳ないのでズルズル会ってしまう可能性も。

あと私の場合は先ほどのように周囲の視線が気になったので、最初のころは『誰か紹介して』とは言えませんでした。

 

個人的に肩の荷が下りて自然体で望めたのは、バツイチ同士のオフ会とかでした。

最近は離婚率が上昇してるので、バツイチ限定の恋活パーティーとかも不定期開催されています。

 

あとはお金と時間をかけなくていいというと、マッチングアプリが恋活の最初の一歩としては使えました。

Facebook認証が必要で、24時間体制で不正アカウントの監視をしてくれるような会社が運営するアプリを選ぶのが鉄則。

 

具体的にはシングルマザーへの優遇制度があるマリッシュとかですね。

シンママだと無料で利用できるし、嫌になったらすぐに退会できます。

お金と時間のリスクがなく、周りにバレない恋活というとマリッシュが第一候補かな。

公式サイト⇒シンママを優遇してくれる恋活アプリ「マリッシュ」を見てみる

 

シングルマザーの恋愛が難しい瞬間③ 関係を継続するのがムズイ

離れ離れになる男女

恋活アプリなどで徐々に積極的になれた私は、その後に彼氏ができました。

ただその彼とは長く続くことはなかったんです。

シンママの恋愛って難しいなと痛感しました。

(ⅰ) 仕事と育児が忙しく彼氏と会えない

働きすぎる女性社員

当たり前ですが時間を使うときの優先順位は『仕事=子供(育児)>彼氏』

仕事と育児をこなして、余った時間で彼と会うみたいなイメージですね。

 

こうなると未婚時代のように気軽に会えることは少なかったです。

子供が小学校にいってる平日の昼とかに、お互いに有給がとれたら会うくらいでした。

参考⇒シングルマザーの彼氏とのデート事情!いつどこで会うのが良い?

 

(ⅱ) デートするとお金もない問題

お金に困る女性

限られたデートなので気合をいれようとすると、次にお金の問題がでてきます。

めぐまれたお給料ではない。

それに子供のために貯金もしておきたいのが本音。

 

だから時間だけではなく。デート代に使えるお金も限られてくるんですよね。

申し訳なさそうに伝えると、彼が食事代は出してくれました。

(ⅲ) 彼氏への罪悪感が出てくる

自分を嫌ってしまう女性

  • 気軽に会えない
  • デート代は出してもらってた

そんな関係が続くと、だんだんと彼氏に申し訳なくなってきました。

 

私以外の人となら、こんな思いはしないでいいのに。

そう思うとドンドン罪悪感が増してくるんですよね。

そんな自分にもイライラしてしまう。

 

この段階で私は彼とは別れてしまいました。

やっぱり無理だったって心の中で思ったんです。

この”やっぱり”という言葉に、もともと私の中でネガティブな感情が消えてないことに気づかされました。

(補足) 過去の離婚原因にトラウマがある

旦那の浮気の証拠を見つけた妻

私の友人にひとりにシングルマザーがいます。

この友人は別のことで恋愛に悩まされていました。

それが過去の離婚した原因となった、元夫の浮気

 

男性は浮気するモノ

そんな思い込みを植え付けられた彼女は、必要以上に付き合った彼の浮気を疑ってしまったんです。

 

別にこそこそ誰かと連絡してるわけでも、他の女の影があるわけでもない。

それなのに会うたびに疑ってケンカして疲れ切っていました。

 

このように離婚の原因によっては、その後の男性への接し方が変わるものがあります。

これもシンママの恋愛を難しくする要因ですね。

シングルマザーでも恋愛は難しい面もあるが、幸せも待っている

手を繋いで歩く家族

今回はシングルマザーの恋愛で難しいと感じる瞬間についてお話ししました。

①恋活を始める前、②恋活をしているとき、③関係性を継続するとき

3つの段階で、それぞれ難しいと感じることがありました。

 

ただ前もって知っておけば、あらかじめ心の準備ができたりと対応できます。

難しいけど不可能じゃない。それは確かです。なので諦める必要はありませんよ。

参考⇒シングルマザー向け無料の婚活3ステップ

参考⇒シングルマザーの立場を理解してくれる素敵な彼を見つけ方